スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
アロマシューティカル
乾燥した季節になった。
山の木々も水分を貯めて冬支度しているところ。
メタボオイルというジャスミンの香りのオイルで
お休み前のマッサージをする。
このマッサージが、さするだけでなく、ふるわせる、とある。
むつかしい。
HPにアロマシューティカルとある。

aromaceutical
辞書には載っていない、耳慣れないのに
最近よく聞くような気がする、不思議な言葉。
アロマテラピーとの違いは何か?
ジャスミンの香りで気分が良くなる上に
スリミング効果があるらしい。
リラックス→痩せる。。。?
香りには、感情の部分に働きかける作用があるし、
感情と肉体には係わり合いがあるのだから
軽度の体調不良には改善が見られると思う。
ただし逆もあるので、自分の勘を大切にしなければならないのだけど。
香り→スリミング。
体調だけではないらしい、ジャスミンの効用。
まずは気分よく眠れますように。

さて、このジャスミンの香り、記憶の片隅にあると思ったら。
懐かしの「香りつきえんぴつ」に、似ています。
ちょとホッとしたりして。

ムスリムの町に咲き誇るジャスミンの香りは
夕方になると町中にあふれ出し、涼しい時間が来ましたよ、と
男の人に告げていました。ジャスミンの花飾りをつけた
男の人が街をそぞろ歩くのです。
スポンサーサイト
【2006/11/21】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。