スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
ははのひに:音楽時計(コダーイ)
きのうのははのひに。



折り紙ラッピングのプレゼントをもらいました。
手書きのメッセージの文字がしっかりしてきて
成長を感じますね。
折り紙ラッピング、なかなかのセンス。
しかも貴重な金紙を使って。
思い切って豪華にしたね。



ははのひ



中身はCD.
なんと!フランスはナントで始まった
「ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日
 LA FOLLE JOURNEE au JAPON -
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 2007

の、豪華6枚組CD~のだめカンタービレ コラボバージョン。
きっと、のだめの漫画に関係ありと思ったんだね。
ママも最初、らふぉるじゅるね?と思った。

曲目は・・・おお。民族がテーマなだけに・・・
ドヴォルザーク、シベリウス、スメタナときて
コダーイおじさんまで!
コダーイ音楽教室に通っているむすこくん、
ピアノの練習が煮詰まると、
ママがのだめごっこをするものだから。
きっと、のだめちゃんが演奏していると
思っているね。
ほんとにほんとにありがとう!


・・・来年は、シューベルトだって。
むすこくん向きかも。




のだめカンタービレ ラ・フォル・ジュルネ セレクション のだめカンタービレ ラ・フォル・ジュルネ セレクション
オムニバス(クラシック) (2007/04/18)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/05/15】 | ぜいたく | コメント(4) | page top↑
逗子の喫茶室
逗子駅前商店街にひさしぶりにお出かけ。
地味な洋品店にサエグサらしきスモッキング・ワンピースがあったり。
とても好き。

改装してしまい、かつての良き昭和の匂いが消えてしまって
残念な、珠屋洋菓子店で夫の誕生日ケーキを買う。

喫茶室にて、私レモネード、夫くんあんみつ、息子くんオレンジフロート!!
というわけで、ぜいたく。


lemonade



ここはちょっとつらい思い出がある。
でもなぜか詳しく思い出せない。
なぜ、あのとき珠屋でお昼を食べたんだろう。

【2007/04/04】 | ぜいたく | コメント(0) | page top↑
ガレット
今週唯一空いている今日。

ボランティアで制作している
パンフレットの最終打ち合わせを
同じくボランティアの編集者と
市体育館でする。
そのついでに
隣の図書館で
読書会のレポートなどを
司書さんに提出。

フランス人のおじさんが作る
ガレット・ド・ブルトン のおみせで
ランチする。

ボランティア仲間と
ちょっと変わった時間の過ごし方を
したので、
これが今日の贅沢。

昨日は
学校の役員さんと
デニーズランチをしたのだが
そのスパゲッティの
まずかったこと!
絶対に 「客注流れ」 で放置されていたものを
持ってきたとしか思えない
固まったスパを
場の空気を壊さずに食べるしかなかったため
お腹の調子が悪い。
こんなご時世だから尚のこと、不安な気分。
さて、クレーマーになるべきか、
おいしいものを食べたので忘れることにするか。
【2007/03/07】 | ぜいたく | コメント(3) | page top↑
asian in oiso
今日は、母仲間とランチでした。

 ラスカル食堂 (大磯 国1沿い)

めしカフェな雰囲気、夜は南国なスピリットを飲める店のようでした。
車でしかいけないところなので残念です。

インドチキン ライス
前菜(ナムルとなますのあいだのようなピリカラ系、菜の花おひたし、サトイモの春巻き)
お吸い物

900円
+コーヒー400円 。

このコーヒーがまたうまくて。

内装がブルームーンぽくて、お友だち?って聞いてしまった。
仕事中ゴメン。


   
rascal

【2007/01/16】 | ぜいたく | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
映画鑑賞
むすこくんとのお約束、『エラゴン』を観にいきました。
有料道路を使ってとなりのとなりの市まで、
日本語吹き替え版のために車で。

お友達も誘って、ママとも楽しい1日お出かけでした。
メールや電話より、顔を見ながらお話しするのが
何より会話の面白いところ。伝わるものが違います。

今日はお楽しみの日だから、
ポップコーン(多め)も
ソーダも
ラーメンも
アイスも
パンフレットのお土産も許されました。

それなのに、1日を終える頃、
何が気に入らないのか、言いたいことを口の中でもごもごころがして
不満げにふてくされた挙句、ままのおやすみの御本は
読んで欲しくないんですって。

男の子ってどうしてこうなの。
どうしたらいいの。

で、エラゴン
戦闘シーンが多いので、苦手な方にはおすすめできませんが
お話は騎士モノの王道です。主人公が成長するのだろうな、と
思わせるところ、魔法の本質というべき描かれ方が
ポッターより好感が持てました。



エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉 エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉
クリストファー パオリーニ (2006/10)
ヴィレッジブックス

この商品の詳細を見る
【2006/12/28】 | ぜいたく | コメント(5) | page top↑
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。